2018年2月16日金曜日

2018年度神奈川県入試問題について個人的な意見を書きます【数学・理科】

さて、本日で面接試験もほとんどの高校で終わりました。
今回行われた入試問題の難易度について書きたいと思います。本日は私の専門分野である数学・理科について勝手に意見を述べたいと思います。もちろん、弊社の総評ではなく、あくまで個人的な見解を書きますので、お読みいただく方は参考程度にしていただければ幸いです。

数学
各塾がいろいろな総評をしておりますが、問題形式が変わったという点についてはそこまで影響がなかったかなと思います。ただ、完全証明がなくなった点は以前までの共通入試の問題と同じ形になり、角度を求めさせる問題が追加されたことで、満点は取りずらくなっています。しかし、逆に満点でなくても条件を書くことができれば部分点を取ることが出来るので、得点を集めるという観点からすると楽だったのではと思います。
とはいえ、各問ごとに時間がかかる問題が見受けられました。問3の平面図形の問題は解き方が何通りか考えられますが、補助線を必要とする問題でしたし、問4の関数の問題はウについての意見や見解が多く掲載されている記事を見かけますが、個人的にはイの問題の計算処理を間違えてしまう中堅から下の高校を受験した生徒が続出したのではと思います。逆にウに関しては上位校の生徒はもちろん、中堅校の生徒でも計算して出すパワープレイが通用するので、実は何とかなる問題だった気がします。
今回の数学において鬼門だったのは問5の確率です。鬼門というのは、いろいろな捉え方をされてしまうので具体的に書きますが、ここに時間を使うべきかどうかを冷静に考えられたかられなかったかが、大きく生徒たちを左右したのでないか?という意味で鬼門と書かせていただきました。条件が確かに複雑で数え上げるのに時間がかかるというのもそうですが、何よりここの問題に時間を使うよりも問6の空間図形で時間を使い得点を稼ぐ方が絶対に良かったと思います。冷静な判断が中学生にできるかは微妙ですが、全体的な傾向からいうとそこまでの難化というには言い切れない、去年並みか少し難化の問題だったと思います。

理科
理科に関しては神奈川県の入試らしい問題が多く出題されていたというのが、私個人の感想です。実験から仮説と検証する問題形式はそこまで変わっていないですし、最後の天気の問題は得点しやすい問題だったかなと思います。ただし、問1~問4までで組み合わせを選ばせる問題が多く、正答率を下げてくる問題形式になっていたと思います。
問1のイや、問4のウなどは理科の知識を正確に覚えていないと選び抜くことは大変だったかなと思います。問5・問6では物理の電熱線の発熱について、化学の電池についての問題が出題されました。どちらもグラフや実験中の会話文などから考察する近年頻出する問題でしたが、「仮説と検証」の問題形式に触れていない生徒は今回も厳しかったかなと思います。小問集合の問題から、大問5、6、7、8まで総合してみると得点するのにやや骨を折る問題がちりばめられていたのでやや難化した問題だっと思います。

来年度以降の対策として(来年の模試業者さんも考えて作成してくると思いますが…)たくさんの問題に触れておくことは例年通りの対策として必要です。また、数学においては模擬試験の解き直しをした後には初見の問題をどんどん解いて、どんな問題形式がでても対応できるように準備をしておくことが大切です。
理科については、実験の考察、「仮説と検証」形式の問題に触れておくことが非常に大切になってきます。全国の入試問題の中から、そういった問題を選択して解いておくことが非常に重要になってきます。

文系科目の英語・国語・社会についての総評は次の稿に掲載したいと思います。
もちろん各専門の先生方に意見をお聞きして総評を掲載したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿