2016年11月11日金曜日

冬期講習 『完全先取りコース』

伊藤でございます。


現在、冬期講習生を受け付けております。

プレ開講から早1年。

2年目のシーズンを迎えます。躍進の年、そして地域の皆様に愛される塾として歩を進めてまいりたい所存です。


さて、冬期講習では、お子様一人一人の学習状況から
①予習型
②復習型
③基礎徹底型
に大きく分けて指導してまいります。

今日は、①予習型についてご説明します。
『完全先取りコース』と命名します。

完全先取りコースは、1月以降の学校の内容を先取りしていきます。

★まず、今年度より導入している『映像』を使っての先取り開始。
映像については、塾テキストに合わせた内容になっており、視聴時間も長くないので、飽きることなく学習することができます。

★テキストの練習問題を解いて理解度を測る。
実際に手を動かし、問題を解いてみます。できるところはさらに演習し強化していきますが、つまづいたところや理解できないところなどは講師のフォローが入ります。ご安心下さい。

★豊富な演習問題を解くことにより強化する。
実際、できるようになるためには、多くの問題に触れ、反復練習が必要になってきます。どの長い事でも練習を多く積んでできるようにしていきますよね。勉強も同じととらえ、単元の理解および定着のために、多くの問題を解き、『できる』状態に導いていきます。講師もお子様が問題を解いている様子をとらえ的確なアドバイスやフォローを入れていきます。講師=コーチです。

★単元テストにて見極める。
多くの問題を解いてわかったできたとしても、最終確認が必要になります。単元ごとについているテストを用いて定着度を測ります。学習内容にも寄りますが、9割程度の得点があげられれば、次の単元に進んでいきます。

この4サイクルで各学習単元を学んでいきます。

一般的な集団一斉授業とは異なり、できると見極めてから先に進んでいきます。


中学生は、第4回定期テスト予想範囲まで進んでいきます。


いかがでしょうか?

学校より先を進んで行きたい方にはこちらをお勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿